カブトムシの種類はどれくらいいるのか?種類によってどうちがうの?

カブトムシの種類はどれくらいいるのか?種類によってどうちがうの?


今回のテーマはズバリ、カブトムシの種類です。
どれほどの種類がいて、各種生態や傾向は違うのか。
また流通量や高価安価はあるのか。そのあたりについても書かせて頂きます。

カブトムシは何種類いるのか

日本に生息しているカブトムシの種類

日本国内に生息しているカブトムシの種類は亜種を含めて6~7種類いると言われております。一般的に皆さんが見た事のあるカブトムシは一番有名なあのカブトムシだと思いますが、それ以外にも幾つか種類があるようです。

そもそもカブトムシという昆虫は熱帯地域の生き物で、その事を考えると日本にカブトムシが生息しているという事自体が奇跡的だという意見もあるようです。ですので日本最北の北海道では外来種リスト扱いになっているようです(自然ではなく人為的に定着したため)。日本の本州やヨーロッパはカブトムシが自然に生息している地域では最も北部だとも言えます。

世界中で生息しているカブトムシの種類

では世界中ではどれくらい多いのか?諸説ありますが、亜種を含めると1,300種以上いるようです。
亜種の中には豆粒のように小さい種類や、角の無い種類などもおります。多くはアメリカ大陸や東南アジアに生息しているようです。

カブトムシの族と属

カブトムシは幾つかの族に分かれており、一般的に有名なカブトムシは、その多くは「真正カブトムシ族」と呼ばれております。その他には「ヒナカブト族」「サイカブト族」など、8種類ほどに分かれているようです。尚、真正カブトムシ族の中にも「ヘラクレスオオカブト属」や「ゾウカブト属」など多くの属に分かれており、13属あるとの事です。

※真正カブトムシ族のヘラクレスオオカブト属のネプチューンオオカブト

ネプチューンオオカブト

※真正カブトムシ族のゾウカブト属のエレファスゾウカブト

エレファスゾウカブト

カブトムシは何種類いるのか まとめ

1 国内では亜種を含めて6~7種類(諸説あり)
2 全地球上では1,300種類以上
3 私たちが一般的に知っているカブトムシは「真正カブトムシ族」といわれる
4 真正カブトムシ族は13属に分かれている


SPONSORED LINK

カブトムシを種類別に見てみよう

ではその多くの種類がいるカブトムシ。種類別にいろんな角度で見てみます。
飼育の難易度、手に入り易いものとそうでないもの等いろいろと見てみます。
この項は基本的には月虫としての見解にて書かせて頂きます。もちろんなるべく正確な情報をお伝えしたいと思います。

飼育難易度!初心者向けや上級者向けはあるのか

最初に飼育初心者の方にオススメなのは、まずは国産のカブトムシです。なじみも深く手に入り易いというのもありますし、日本国内の気候にもなじんでいますので、最初に挑戦するにはうってつけだと思います。

その次にはいよいよ外国産にも挑戦してみたい!と思われる方もいらっしゃると思います。そんな方にオススメなのは、ヘラクレスオオカブトやゾウカブト属のカブトムシ、アトラスオオカブト属の一部の種(アトラス・コーカサスなど)、ヒメカブトなどです。

理由としましては、幼虫の時期の強さなどが挙げられます。上記の種類は他種と比べ強い傾向が見られます。ただし羽化時の角曲がりなど、注意点はもちろんあります。上記と比べ幼虫が弱い、産卵が難しいなど初心者向けではない種類も当然あります。

※比較的に飼育し易い類のヘラクレスオオカブト

ヘラクレス・ヘラクレス

欲しいけど高くて買えない(泣) 気になる種類別の相場とは

カブトムシは種類や産地によって販売相場が違います体長によっても変わります。相場的に安いのは国産のカブトムシですが、それ以外に比較的に安価で買えるカブトムシとそうでないものをご紹介します。

比較的に安価なものでいいますと、アトラスオオカブトやヒメカブトの一部の種、サビイロカブトなどがこれに当たると思います。

高価なものですと、サタンオオカブト、ネプチューンオオカブト、ヘラクレスオオカブトの一部の種などがあります。どれも大型なものです。もちろん大型なもの以外でも高価なカブトムシはあります。

あくまでも相場ですので、当然変動する事もありますし、その個体の体長によっても販売単価は大幅に変動します。基本的にはその種類の平均的な体長よりも大きいサイズのものは高くなります(例えばヘラクレスオオカブトの場合、130mmのものよりも150mmの物の方が高い)

※高価な方に属するサタンオオカブト

サタンオオカブト

どこで売ってるの?手に入り易い物とそうでないものは?

カブトムシは種類によって流通量が違います。ですので結果として手に入り易いものとそうでないものが存在します。手に入りづらいものは高価安価うんぬんではなく、そもそもあまり販売されていないという事です。

比較的手に入り易いものは、ヘラクレス属の一部やアトラスオオカブト属の種類(ただしモーレンカンプオオカブトは除きますが)、ゾウカブト属の主要な種類などです。人気種はそれなりに流通量も多いようです。この種類以外のものはなかなか手に入らない事が多いようです。

※グラントシロカブト 流通量も多い

グラントシロカブト

カブトムシを種類別に見てみよう まとめ

1 飼育初心者向けカブトムシ 国産カブトムシ アトラス ヘラクレス コーカサス等
2 比較的安価なカブトムシ  国産カブトムシ アトラス ヒメカブト等
3 流通量が多いカブトムシ  ヘラクレス アトラス ゾウカブト等
4 価格相場は産地やサイズによっても変動する

この記事でご紹介したアイテム

月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部でご購入頂けます。
国産カブトムシ成虫(季節によって販売しています)
外国産カブトムシ成虫
国産カブトムシ幼虫
外国産カブトムシ幼虫
国産カブトムシ
アトラスオオカブト
コーカサスオオカブト
ヘラクレスオオカブト

SPONSORED LINK

Facebook更新中!