セアカフタマタクワガタの紹介:クワガタ界のブロンソン(男の世界)

セアカフタマタクワガタの紹介:クワガタ界のブロンソン(男の世界)


本日はクワガタ界の「チャールズ・ブロンソン」セアカフタマタクワガタをご紹介します。

男の包容力と強さを感じるセアカフタマタクワガタ

セアカフタマタクワガタ

セアカフタマタクワガタは40~90mm、人工飼育下でも90mm以上の個体が作出されています。その魅力の一つは複雑でありながら力強いアゴの形状ではないでしょうか?上部から見る姿、真正面から見る姿、様々な角度から力強くカッコイイフォルムを堪能出来るクワガタです。無骨で力強く寡黙な雰囲気をこの10㎝にみたないセアカフタマタクワガタがらビシビシと感じ、まるで自分自身が強くなった気になれます。それは勇敢な男達が戦う映画を見た後の様な感覚です。そんなセアカフタマタクワガタを有名人に例えるなら、ズバリ「チャールズ・ブロンソン」ではないでしょうか?無骨で力強く寡黙で優しい男、愛想はけして良くないが子供達から慕われる男・・・・。

渋い!タバコサンバーストな上羽

セアカフタマタクワガタ

セアカフタマタクワガタはフタマタクワガタの中で珍しい上羽に色がついているクワガタです。そのカラーリングは、まさに60年代エレキギターのカラーリング「タバコサンバースト」です。何度見ても飽きがこない深い味わいのある美しい色をしています。よく手入れされたビンテージのような輝きです。

セアカフタマタクワガタを動画でご紹介

セアカフタマタクワガタの生息地

_r2_c2_r1_c1_r1_c1

セアカフタマタクワガタおよび亜種の生息地はインド北東部、ミャンマー南東部、タイ北部、マレー半島、スマトラ、ボルネオと広範囲で生息しているとの事。ちなみに「セアカフタマタクワガタ」は「パリーフタマタクワガタ」とも呼ばれ、「セアカフタマタクワガタ」という呼び名は和名になります。


SPONSORED LINK

セアカフタマタクワガタの飼育方法

セアカフタマタクワガタ

セアカフタマタクワガタの価格

セアカフタマタクワガタの価格は成虫ペアで1,500~3,000円幼虫は1匹500~800円でクワガタショップや通信販売などで購入出来ます。成虫の寿命は6~12ヶ月が目安で温度管理が必要です。理想の温度帯は22~24℃です。
産卵は少し癖がありますが、幼虫飼育に関しては容易な種ではないでしょうか。

飼育情報まとめ

産卵:産卵木に産みます。
産卵マット:くわ Mat/きのこMat
寿命:6~12ヶ月
温度:22~24℃
価格:1,500~3,000円(成虫ペア)
成熟期間:3~5ヵ月(羽化してから交尾できるまでの時間)
幼虫飼育マット:くわ Mat/きのこMat
その他:菌糸ビンでも幼虫飼育可能

セアカフタマタクワガタのまとめ

セアカフタマタクワガタ
1 男の包容力と強さを感じるクワガタ
2 力強く複雑な形のアゴ
3 60年台のエレキギターを彷彿させる深い色合いの上羽。
4 学名パリーフタマタクワガタ。
5 フタマタ種の入門種として最適。

この記事でご紹介したアイテム

月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部でご購入頂けます。
セアカフタマタクワガタ
>発酵マット(くわMatきのこMat
>菌糸ビン(Elementシリーズ
>産卵木(クヌギ材ナラ材

SPONSORED LINK

Facebook更新中!