スマトラオオヒラタクワガタをご紹介|最強のクワガタ!?太くて分厚いデカイ奴

スマトラオオヒラタクワガタをご紹介|最強のクワガタ!?太くて分厚いデカイ奴


本日はクワガタ界1・2位を争う最強種「スマトラオオヒラタクワガタ」をご紹介します。

最強のクワガタ!?スマトラオオヒラタクワガタ

スマトラオオヒラタクワガタ

スマトラオオヒラタクワガタは100mmにも達する大型のクワガタです。ボディ幅はパラワンを凌ぐ幅でバランスも良く「とてつもなく強い」と感じるクワガタです。スマトラオオヒラタクワガタも国産のヒラタクワガタと同種となるようなのですが、迫力は桁外れ。特徴的な分厚いアゴは魅力の一つです。クワガタの中でも特に人気が高い種になります。

地域によってアゴの形が変化

スマトラオオヒラタクワガタ アチェ産 スマトラオオヒラタクワガタ ベンクール産

左(1枚目):アチェ産内歯下がり  右(2枚目)ベンクール産内歯上がり

スマトラオオヒラタクワガタはその分厚いアゴを俊敏な動きで振りまわし我々を楽しませてくれます。この特徴的で迫力のある「アゴ」は同じスマトラ島の中でも場所(産地)によって形状が異なる傾向があります。スマトラオオヒラタクワガタのよく知られる産地としては、ベンクール、パダン、リアウ、アチェなどがあります。基本的にベンクールは内歯上がり、パダンは内歯中間~内歯下がりが多いものの、内歯上がりの個体も見られる、アチェは内歯下がりの傾向が強いと言われています。

スマトラオオヒラタクワガタの生息地

sumatora-map

スマトラヒラタクワガタはその名の通りインドネシアのスマトラ島が生息地です。スマトラ島は赤道直下の島で世界でも有数の豊かな生物多様性を誇る地域です。気候は熱帯雨林気候となっています。


SPONSORED LINK

スマトラオオヒラタクワガタの飼育方法

スマトラオオヒラタクワガタ

スマトラオオヒラタクワガタの価格

スマトラヒラタクワガタの価格は成虫ペアで1,000~20,000円、幼虫は1匹500~2,000円でクワガタショップや通信販売などで購入出来ます。(価格は産地によって異なります。)成虫の寿命は1~2年が目安で温度管理が必要です。理想の温度帯は23~25℃前後です。寒さに弱い種ですので10℃以下にならないように注意してください。

飼育情報まとめ

産卵:産卵木とマットに産みます。
産卵マット:くわMat/完熟Mat
寿命:1~2年
温度:23~25℃前後
価格:1,000~20,000円(成虫ペア)
成熟期間:3~5ヵ月(羽化してから交尾できるまでの時間)
幼虫飼育:マット:くわ Mat/きのこMat
菌糸ビン:BasicシリーズElementsシリーズ

スマトラオオヒラタクワガタのまとめ

スマトラオオヒラタクワガタ

1 クワガタの中で1位2位を争う強さ
2 地域によってアゴの形が変化
3 巨大で分厚いがバランスが良くカッコイイ
4 外国産オオヒラタの入門種として最適
5 菌糸ビン、発酵マットどちらでも飼育可能

この記事でご紹介したアイテム

月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部でご購入頂けます。
スマトラオオヒラタクワガタ
>発酵マット(くわMatきのこMat・完熟Mat
>菌糸ビン(Elementシリーズ・Basicシリーズ
>産卵木(クヌギ材ナラ材

SPONSORED LINK

Facebook更新中!