月虫

クワガタ・カブトムシの情報を発信!月夜野昆虫倶楽部

クワガタ成虫飼育・産卵

冬のクワガタ産卵にチャレンジ!発泡スチロールの簡易温室で産卵させる「初心者☆よーこの虫の部屋」XVII

2020年3月13日

前回の続きで、簡易温室での産卵セットの経過です。

セット始めの頃は電気アンカの設定を「大」にしていたのですが、土の中の温度が30℃超え少し暑めだと思い、途中から「大と中の中間」に設定を変えました。設定後は29℃~27℃ぐらいをキープでき、発砲スチロール内の温度も28℃~26℃で管理しました。Matの中に指を入れてみて温度を確認してみたところ、ほんのり温かく産卵に良さそうな環境でした。ケース内とフタに結露が出てきてカビが発生しないように、こまめに結露を拭き取って様子を見てきました。

オキナワクワガタ・簡易温室測定結果

日付 発砲スチロール内の温度 土の中の温度
2019/12/9 28.4℃ 30.4℃ 電気アンカ(大)
2019/12/10 27.8℃ 30.3℃
2019/12/11 28.0℃ 30.0℃ 電気アンカ(大~中)に変更
2019/12/12 27.8℃ 29.0℃
2019/12/13 28.3℃ 28.8℃
2019/12/14 27.2℃ 29.0℃
2019/12/17 27.6℃ 29.9℃
2019/12/20 26.6℃ 28.3℃
2019/12/25 27.3℃ 28.2℃
2019/12/27 26.0℃ 27.9℃
2020/1/8 27.1℃ 27.9℃

2020/01/10  卵と幼虫を発見!(^^)!

簡易温室使って産卵するのか??ドキドキでしたが…
セットしてから約1か月後に卵と幼虫を見つけました!ケースの側面からいくつか卵を見つけることができ、とりあえずホッとしてます。幼虫も小さいので、しばらくしてから割り出したいと思います。

2020/02/05  割り出し

2月に入り、そろそろ割り出してみたいと思います。

卵から孵化していて、Matから元気な姿を見せてくれました。

前まで、虫が苦手でしたが、産卵セットを組んだり飼育してきて、クワガタへの興味が出てきたような感じがします。小さい幼虫だったら手に乗せられるようになりました(笑)

割り出した結果
幼虫:22頭でした!!なかなかの結果だったと思います(#^.^#)

冬場の産卵は温度がとても重要だと思いました。理想の温度帯(27℃~28℃)で管理するには、温度変化が大きい事務所では産卵させようと思っても難しいような気がしました。とてもいい経験ができました(*^-^*)

簡易温室で産卵のまとめ

1・冬場に産卵させる理想の温度帯(27℃~28℃)をキープをする
2・結露が出た場合はこまめに拭き取る
3・割り出しの結果・オキナワヒラタクワガタ幼虫22頭

この記事で使用したアイテム

月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部にてご購入頂けます。
>コバエシャッター中
>完熟Mat-10L
>ハスクチップ5L
>広口ゼリー17g
>室内室外温度計
>虫スプーン

菌糸ビン 交換 1

今回は国産クワガタ人気NO1【オオクワガタ】の幼虫についてご紹介したいと思います。オオクワガタ・・・というとなかなか手に ...

2

今回は国産カブトムシの育て方を一通り説明します。夏→秋→冬→春→夏と季節を追いながら、わかり易くご説明します。 カブトム ...

3

ミヤマクワガタの採集について 今回はいよいよミヤマクワガタの採集です。大人気の国産ミヤマクワガタはどこでどうやって採集す ...

産卵セット 4

産卵セットの作り方 マット産卵 まずはクワガタは何に産卵するのかという事で、マット、菌床、材とありますが、その中のマット ...

ぐんま昆虫の森オオクワガタ飼育講座 5

群馬県立ぐんま昆虫の森とは 群馬県桐生市に2005年にオープンした昆虫をテーマにした体験型の施設です。45ヘクタールの敷 ...

6

菌糸ビンとは何なのか? 菌糸ビンの材料は「培地(オガ屑・小麦フスマ・水)+キノコ菌」 菌糸ビンは「オガ屑・小麦フスマ・水 ...

-クワガタ成虫飼育・産卵
-,

Copyright© 月虫 , 2020 All Rights Reserved.