クワガタ飼育

パプアキンイロクワガタ幼虫飼育「初心者☆よーこの虫の部屋」XIV

2019年12月13日

パプアキンイロクワガタ幼虫飼育

パプアキンイロクワガタの幼虫飼育を始めてみました(*^▽^*)
前から育ててみたかったクワガタで、魅力は色がキレイなところですかね!
緑・青・紫などカラフルな色が出るという事で、成虫になるのが楽しみですヾ(≧▽≦)ノ

幼虫を菌糸・発酵マットに投入 2019年11月20日

用意したものは、きのこMatBasic200菌糸カップです。
菌糸でもMatでも飼育が可能とのことで、両方を使って飼育してみることにしました。
羽化までの目安は、温度管理あり(20~25℃前後)で約3~6ヶ月・温度管理なしで5~8ヶ月ぐらいと、
幼虫期間が短いので、初心者の私でも育てやすそうですね(≧▽≦)

パプアキンイロクワガタ幼虫

Basic200菌糸カップ2つ・きのこMatを詰めたカップを1つ(計3つ)用意して1頭づつ投入しました。
幼虫は全部で3頭
菌糸カップに潜りやすくするために真ん中を少し削って幼虫を入れてみました。

成虫になるのは来年の春先あたりになるかと思いますが、何色の成虫になるか楽しみですねー(´艸`*)
私の希望は紫色です(笑)

飼育温度測定

2019/11/08   最高温度 25.4℃   最低温度12.0℃
2019/11/14   最高温度 25.9℃   最低温度12.0℃
2019/11/22   最高温度 25.5℃   最低温度9.0℃
2019/11/28   最高温度 25.9℃   最低温度14.6℃

パプアキンイロクワガタ幼虫飼育のまとめ

1・常温飼育でパプアキンイロクワガタ幼虫飼育を開始
2・マットと菌糸で飼育中
3・何色がでるのか?羽化まで見守っていきたいです。

 

この記事で使用したアイテム

月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部にてご購入頂けます。
>きのこMat
>Basic200(菌糸カップ)
>200プリン
>虫スプーン

菌糸ビン 交換 1

今回は国産クワガタ人気NO1【オオクワガタ】の幼虫についてご紹介したいと思います。オオクワガタ・・・というとなかなか手に ...

2

今回は国産カブトムシの育て方を一通り説明します。夏→秋→冬→春→夏と季節を追いながら、わかり易くご説明します。 カブトム ...

3

ミヤマクワガタの採集について 今回はいよいよミヤマクワガタの採集です。大人気の国産ミヤマクワガタはどこでどうやって採集す ...

産卵セット 4

産卵セットの作り方 マット産卵 まずはクワガタは何に産卵するのかという事で、マット、菌床、材とありますが、その中のマット ...

ぐんま昆虫の森オオクワガタ飼育講座 5

群馬県立ぐんま昆虫の森とは 群馬県桐生市に2005年にオープンした昆虫をテーマにした体験型の施設です。45ヘクタールの敷 ...

6

菌糸ビンとは何なのか? 菌糸ビンの材料は「培地(オガ屑・小麦フスマ・水)+キノコ菌」 菌糸ビンは「オガ屑・小麦フスマ・水 ...

-クワガタ飼育
-, ,

Copyright© 月虫 , 2020 All Rights Reserved.